懐かしい蒸気機関車

今でこそ見かけなくなりましたが、昔は日本でもたくさんの蒸気機関車が走っていました。

蒸気機関車は、ボイラーで燃やした石炭で水を沸騰させ、大量の蒸気を発生させます。この蒸気の力で車輪を回転させ、機関車は力強く前進します。

SL(蒸気機関車)(資料提供:高柳功氏)

この原理と同様のものが、火力発電所です。火力発電所では、燃料として石炭・石油・天然ガスなどを燃やします。ボイラーを使って水を沸騰させ、沸騰した際に得られる蒸気を使ってタービンと発電機を回転させます。

火力発電は、燃料を燃やす際に大量のCO2が発生します。CO2は「地球温暖化の一因」と言われており、地球環境を破壊する物質のひとつとなっています。そこで、同じ量の燃料からより多くの電力を発生させるよう、発電設備の発電の効率を高める工夫をしています。現在、日本の発電効率は世界でもトップレベルにあります。

関連リンク

関連情報

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ