印刷する

火力発電の基本構造

火力発電所では、石油や石炭などをボイラーで燃やして水を沸騰させ、その蒸気の圧力を使ってタービンを回転させます。タービンには発電機が繋いであり、これで電気を起こします。

タービンを回し終えた後の蒸気は復水器で水に戻され、またボイラーに入ります。

実際の火力発電所はもっと複雑な構造ですが、ここでは簡略化して説明しています。

閉じる