印刷する

風力発電機の構造

風力発電機は風を受けて羽が回り、その力が発電機に伝わります。

可変ピッチ機構は、風が強い場合に少し羽をねかせて風圧を調整します。増速機はゆっくりとした羽の回転を、発電機が必要とする回転速度に高める役割をします。方向制御機構は風力発電機が正しく風の方向を向いて最も効率的な発電が行えるように、風力発電機の方向を制御します。

閉じる