核分裂のエネルギー

核分裂は大量の熱エネルギーを発生させます。原子力発電は、この熱エネルギーを利用して、水を水蒸気に変え、この水蒸気によってタービン・発電機を回して発電します。

ウランの核分裂によって、どのくらいのエネルギーが生まれるかというと、ウラン235は1グラムで、石炭3トン、石油2000リットル分のエネルギーを生み出すことができます。ウラン燃料と化石燃料では、発生する熱エネルギーの量が格段に違います。原子力は、少量の燃料で大きなエネルギーが取り出せるので、燃料の運搬、貯蔵の面でも優れています。

原子力発電と原子爆弾の違い

原子爆弾は、核分裂しやすいウラン235の割合をほぼ100%まで濃縮して爆弾を製造し、一気に核分裂を発生させることによって、爆発するようにつくられています。

これに対し、原子力発電所で利用している原子炉は核分裂反応をゆっくりと進ませて、できるだけ長い期間にわたり熱を出すことに重点を置いて設計されています。そのため原子炉はウラン235が3%〜5%しか含まれていない燃料を使い、制御しやすく、原子爆弾のように核爆発を起こさない設計になっています。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ