印刷する

原子力発電と原子爆弾の違い

出典:「原子力・エネルギー」図面集2016 5-1-9

原子爆弾はウラン235をほぼ100%まで濃縮しているのに対し、原子力発電(軽水炉)燃料のウラン235の濃縮度は3〜5%です。従って、原子爆弾と原子力発電の燃料はウラン235の濃縮度が大きく異なっており、原子炉が原子爆弾のように核爆発を起こすことはありえません。

閉じる