印刷する

改良型沸騰水型炉(ABWR)の構造上の特徴

出典:「原子力・エネルギー」図面集2016 5-1-3

ABWRの特徴は、BWRで原子炉圧力容器の外に設置していた原子炉再循環ポンプを圧力容器の中に設置し、ポンプ回りの配管をなくして単純化したことと、制御棒駆動機構として水圧駆動に電動駆動を加え多様化したことです。

閉じる