印刷する

燃料集合体の構造と制御棒

「原子力・エネルギー」図面集2012 5-1-7

燃料集合体は、ウラン燃料(ペレット)が充てんされた燃料棒などでできています。冷却材(水)は、燃料棒間を通り抜ける際に核分裂による熱エネルギーを奪って蒸気(BWR)・高温水(PWR)となります。なお、ペレット1個でBWRでは1家庭の約8カ月分、PWRでは6~7ヶ月分の電気を作ることができます。

閉じる