伝統の水車

日本ではだんだん見かけなくなってきましたが、その昔、川の水の流れを利用した水車が日本各地で利用されていました。

水車は、水を高いところから低いところに落とすことにより、物を動かすことができます。この「物を動かす」エネルギーを使って、石臼で蕎麦を挽いたり、脱穀をしたり、人々はさまざまな装置で水の力を利用してきました。

このしくみを発電に応用したものが、水力発電といえます。水車が回転してしまえばこれを、何かの目的(仕事)に使うことができます。水車をタービンに置き換え、脱穀するしくみを発電機に置き換えたものが、水力発電所です。

東京電力の水力発電所の写真です。白黒写真がノスタルジーを誘いますが、当時は最新型の水力発電所でした。
現在では、多様な形の水力発電所が全国で活躍していますが、発電原理は当時も今も変わりません。

昔の水力発電所(資料提供:東京電力)

水力発電は、CO2を排出しないクリーンで再生可能な発電方法であり、日本の電力供給の約1割を担っています。一方、渇水など気候に影響を受けやすい発電方法です。

関連リンク

関連情報

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ