印刷する

揚水式発電所のつくり

昼間、右上の調整池から引き込まれた水は、地下に敷設された水路を通って中央の地下水力発電所に導かれ、発電が行われます。発電を終えた水は左下にある貯水池に溜まります。

夜間になると、左下の調整池から水が汲み上げられ、右上の調整池に溜められます。

この図は、実際には地下施設になっている揚水式水力発電所を判りやすく解説するために、山をくり貫いた形で描いています。

閉じる