HOME > 電気事業について > 安定供給に向けた取り組み
文字サイズを変更

安定供給に向けた取り組み

電気は、現代の暮らしに欠かすことのできない必需品です。この電気を、お客さまに常に安定して、しかもできるだけ低廉にお届けすることが電力会社の使命です。

私たち電気事業者は、エネルギー基盤を支える基幹産業としての使命を自覚し、社会からの信頼のもと、良質で安価なエネルギーの安定供給とサービスの向上を図っています。

電源のベストミックス

私たちは、電気を安定して経済的にお届けするために「電源のベストミックス」を進めています。
電源のベストミックス

全国を連携する送電線

北海道から九州までの電力系統(電力システム)は、すべて送電線でつながっています(全国基幹連係系統)。これによって電力会社の垣根を超えた電力の融通が可能になり、良質な電気を安定してお届けするという電気事業の使命を果たすのに大きく役立っています。
全国を連携する送電線

停電の少ない良質で安定した電気

電力会社は万一の機器の故障による停電を未然に防ぐための巡回パトロールや送配電ルートの多様化を行うほか、無停電工事や最新鋭の発電機の導入なども積極的に実施。経済性を考えながら、世界トップ水準の停電が少ない良質な電気をお届けしています。
停電の少ない良質で安定した電気

情報セキュリティの取り組み

電力供給に係る制御系システムに、支障が発生しないよう、また万一支障が発生した場合でも、電力系統の監視等に極力影響を及ぼさないよう、必要な対策を講じています。
情報セキュリティの取り組み

電力の技術開発

時代の変化を予測して早急に取り組むべき課題として、「重点取組課題」を定め、課題解決に向けた技術開発に重点的に取り組んでいます。
電力の技術開発

このページの先頭へ