循環型社会・地域環境保全への取り組み

電気事業においては、従来自主的に取り組んできた廃棄物等の再資源化や原子燃料サイクルの確立等、さらなる資源の有効利用を促進し、「循環型社会」の形成に向け、経団連が掲げる「循環型社会形成自主行動計画[循環型社会形成編]」に参画し、実施状況や進捗状況について、毎年フォローアップを行っています。
また、環境や社会、人との調和をはかりながらエネルギーを安定的に供給するため、電気事業者はさまざまな取り組みを行っています。

循環型社会の形成

電気事業では、リデュース(発生抑制:Reduce)、リユース(再使用:Reuse)、リサイクル(再生利用:Recycle)の3Rを進めることによって、環境への負荷が少ない「循環型社会」の形成に向けた取り組みを推進しています。 循環型社会の形成

化学物質の管理

電気事業では、発電所等からの排出量・移動量の実態把握、化学物質の適正な管理と排出削減に努めています。 化学物質の管理

生物多様性への取り組み

電気事業では、安全確保を大前提とした原子力発電の活用や再生可能エネルギーの推進など地球規模での環境影響への配慮や循環型社会形成への取り組み、環境影響評価など地域レベルでの環境保全、森林保全や環境教育活動などの社会貢献活動にも取り組んでいます。 生物多様性への取り組み

環境管理の推進

電気事業各社では、環境部門を設置し、社内環境管理体制を整備しています。また、CSRレポートやホームページ等を通じて、環境保全に関する各社の取り組み内容を公表しています。 環境管理の推進

海外事業展開にあたっての環境配慮

電気事業では、環境分野での人材育成、地域の環境問題や地球規模での環境保全に配慮した取り組みを推進しています。 海外事業展開にあたっての環境配慮

  • エネログ
  • ひらめき!ピカールくん
  • エネルギーをもっと身近に
  • わかりやすいエネルギーの授業
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 先が読めない今の時代
  • 原子力発電のごみって?
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ