再生可能エネルギーの活用

再生可能エネルギーは、国産エネルギーであり枯渇の心配もなく、CO2の発生など環境負荷が少ないことから、電気事業者は、水力や地熱、太陽光、風力、バイオマス発電を自ら開発するとともに、固定価格買取制度に基づき、太陽光・風力発電設備等からの電力を電力系統と連系し、再生可能エネルギーの開発・普及に取り組んでいます。

一方、コスト面や安定供給面、立地上の問題(設置面積・箇所)などの様々な課題があります。例えば、天候の影響による出力変動が大きい太陽光発電や風力発電を大量に電力系統へ接続するために対策が必要ですが、解決策の一つとして新たな系統制御システムの開発・導入に向けた取り組みなどを進めています。

再生可能エネルギーの活用においては、技術的・立地的な導入可能性を踏まえ、技術革新による抜本的なコストダウンを図りつつ、最大限活用していくことが重要であると考えています。

2014(平成26)年度発電実績と取組み概要は以下の通り。

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ