英国の電気事業

2.エネルギー政策の動向

  • 豊富な化石燃料資源:石油、ガスは枯渇の方向
  • 原子力開発にも注力
  • 再エネ、省エネ、原子力開発を推進

3.地球温暖化防止政策の動向

  • 温暖化ガス削減目標:2020年までに34%、2050年までに80%削減

4.再生可能エネルギー導入政策の動向

  • 拡大に向けた国家計画を策定

5.原子力開発の動向

  • 1,600万kWの新規建設が計画
  • 福島事故後も原子力推進政策は変わらず

6.電源開発の動向

  • 電源の中心は石炭火力からガス火力へ

7.電気事業体制

  • 国有企業を分割民営化:現在は大手6社に集約
  • 系統運用:所有分離されたNGETが運用

8.電力自由化の動向

  • 全面自由化で競争激化
  • 電気料金は上昇
  • 電力市場改革で再エネ、原子力開発を支援

ページトップへ