1. エネルギー政策動向

世界有数のエネルギー消費大国:エネルギー輸入は年々増加

インドは世界有数のエネルギーの消費大国である。2015年の一次エネルギー消費は中国、米国に次いで世界第3位であり、今後も一層のエネルギー消費の増加が見込まれる。

国産のエネルギー資源は石炭、バイオエネルギー、天然ガス、水力などが存在するが、国内需要を賄うには不十分であるため、輸入が増加している(2015年のエネルギー自給率65%)。2015年のインドの一次エネルギー供給構成は、石炭45%、石油29%、バイオ燃料・廃棄物23%、天然ガス5%、水力1%、原子力1%となっている。

一次エネルギーについて、政府は、石油、天然ガス、石炭などの国内資源の活用により、輸入依存度の低減を目指している。発電では、再生可能エネルギー(再エネ)開発を推進している。
  • エネログ
  • ひらめき!ピカールくん
  • エネルギーをもっと身近に
  • わかりやすいエネルギーの授業
  • 放射線について
  • 先が読めない今の時代
  • 原子力発電のごみって?
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ