韓国の電気事業

2.エネルギー政策の動向

  • エネルギー輸入依存度の上昇
  • 2030年に再エネの比率を11%、石油ガスの自主開発比率を40%に引き上げる方針

3.地球温暖化防止政策の動向

  • 再エネ比率の拡大と排出量取引システムの導入

4.再生可能エネルギー導入政策の動向

  • FITの導入により再エネ開発を推進

5.原子力開発の動向

  • 原子力は石炭と並んで重要な電源
  • 原発の新増設と輸出促進

6.電源開発の動向

  • 電源は火力と原子力が中心
  • 石炭火力、コンバインド・サイクル、原子力を中心にした電源開発

7.電気事業体制

  • KEPCOの発電子会社設立と卸電力市場の創設
  • 現在の電気事業体制
  • 系統運用

8.電力自由化の動向

  • 2008年以降KEPCOの赤字が続く
  • 電力不足の懸念が続く

ページトップへ