ロシアの電気事業

2.エネルギー政策の動向

  • 世界有数の化石燃料資源国:重要な外貨収入源
  • ガスは欧州中心に輸出
  • 発電はガス火力中心

3.地球温暖化防止政策の動向

  • 京都議定書のGHG削減目標は達成の見込み
  • 自主目標案:2020年には25%削減
  • 省エネにも取り組み

4.再生可能エネルギー導入政策の動向

  • 遅れる再エネ電源の開発
  • 再エネ電源開発目標を設定

5.原子力開発の動向

  • 世界第4位の原子力発電国
  • 原子力部門は国有機関ロスアトムが統括
  • 福島事故後も原子力開発推進

6.電源開発の動向

  • 主要電源はガス火力
  • ガス火力も含めた電源多様化を指向

7.電気事業体制

  • 部門別に会社化:発電・供給部門は民営化も実施
  • 送電、配電はロシア・グリッド1社に統合
  • 火力、小売供給部門は民営化
  • 系統運用

8.電力自由化の動向

  • 家庭用除き自由化
  • 価格高騰で制度見直しの方向

ページトップへ