海外電力関連 トピックス情報

[中国]石炭生産能力の過剰対策

2016年1月29日

国家能源局は2015年12月30日、石炭生産能力の過剰対策として、2016年から3年間新規炭鉱事業の認可手続きを停止すると表明した。
これは、石炭価格の下落に伴い、生産能力が過剰になっていることと、エネルギー政策が低炭素化に重点を置いていることなどから、石炭の生産を制限する必要があると判断したものと見られる。
2016年末までに、老朽化生産設備の廃棄が計画されており、6,000万t減になると見られる。

ページトップへ