海外電力関連 トピックス情報

[米国]  ウィスコンシン州で原子力発電所新設を後押しする法案が下院通過

2016年2月1日

2016 年1 月12 日、米国ウィスコンシン州議会下院は、将来の低炭素電源確保に向けて原子力発電所の新規建設を後押しする法案を可決した。
1983 年から施行されている同州の現行法では、州の規制当局は連邦政府が使用済原子燃料の処分場を建設するまで、州内での原子力発電所建設を承認できなかったが、本法案ではこの処分場に関する要求を削除した。
本法案は今後州の上院で審議される。
本法案の成立に向けて民主・共和両党および労働組合、産業界、学術界が協力しており、12 月の委員会での審議では全会一致で通過している。

ページトップへ