海外電力関連 トピックス情報

[米国]原子力エネルギー協会、過酷な気象条件下における原子力の実績を強調

2016年2月17日

2016年1月28日付の報道によると、原子力エネルギー協会は、1月22日から23日にかけて米東部沿岸部に記録的な大雪をもたらした暴風雪の際、原子力は堅強に電力を供給し続けたとし、原子力発電の実績を強調した。
原子力エネルギー協会は、「2年前および昨冬のPolar Vortex(極渦)に続き、今回の暴風雪においても、過酷な気象条件下での原子力発電の相対的な耐性が証明された」と述べている。
今回の暴風雪の際、米国の原子炉99基のうち94基が、90%以上の出力で運転を継続した。
(参考)
○米東部沿岸、大雪で停電発生
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1254007_4115.html

 

ページトップへ