海外電力関連 トピックス情報

[インド] 火力への環境規制強化で電気料金は最大23%上昇の見込み

2016年3月4日

2016年2月22日付の現地報道によると、インド発電事業者協会のAshok Khurana会長は、2015年12月に新たに制定された火力発電所へのSO2、NOx、PMの排出規制への対応で、国内すべての火力発電所の設備を更新した場合、総額2兆ルピー(約3.2兆円)の費用がかかるとの試算額を明らかにした。
この費用をすべて電気料金に転嫁した場合、電気料金単価は最大で約23%(0.7~0.8ルピー/kWh:約1.1~1.3円/kWh)上昇すると試算している。
インド最大の発電事業者NTPCは、この環境規制への対策費用を少なくとも2,000億ルピー(約3,200億円)と試算している。

ページトップへ