海外電力関連 トピックス情報

[ベルギー]テロを受けて原子力の警戒態勢を強化

2016年4月4日

2016年3月22日朝のベルギー・ブリュッセルでのテロ事件発生を受けて、危機分析管理委員会は同国全土の警戒態勢をレベル4に引き上げた。
当局の要請を受けて、電力会社エレクトラベルは、所有する原子力発電所の警戒態勢を強化レベルに移行させた。
既に導入されている厳しいセキュリティ体制に加えて、入り口ゲートを閉鎖し、通過車両の全数チェックを実施している。
現地には警察が駐在し、この週末からは軍も駐在を始めた。
警戒態勢をレベル4に引き上げたことによる当局の指示に従って、ドールとチアンジュの両サイトの職員のうち、原子炉運用に必要でない職員にはサイトを離れ、帰宅するように指示した。
運転要員は引き続きその任務に留まっている。
同社は引き続き当局と直接連絡を取り合い、その指示に従っている。

ページトップへ