海外電力関連 トピックス情報

[中国]米国と共同設立の核安全保障モデルセンター、運用開始

2016年4月7日

2016年3月30日付の報道によると、米国と共同で設立した核安全保障モデルセンターが3月30日から運営を始めた。
第1回目の核セキュリティ・サミットで両政府が核安全保障モデルセンターの設立に合意し、中国側が用地の提供と施設の管理を担い、米国側は技術、設備を提供することになっていた。
核安全保障モデルセンターは、原子力発電所と核施設の安全に関する技術開発、人材育成面でアジア太平洋地域最大規模の施設である。

ページトップへ