海外電力関連 トピックス情報

[ポーランド]風力発電の建設を規制する法案が下院を通過

2016年6月9日

 2016年5月21日付の報道によると、風力発電の建設を規制する法案が、5月20日、ポーランドの下院を通過した。
主な規制内容は、風力発電を建設する際、発電機と近隣の住宅との距離を、設備の高さの10倍以上もしくは1.5~2km確保することを求めるものである。
政府は、風力や太陽光といった不安定な電源に依存することはエネルギーセキュリティの確保の観点から問題があるとし、また、住民を騒音から隔離するためにも必要な規制であるとしている。
一方、風力発電事業者などは、居住エリアの点在しているポーランドでは今後風力開発が難しくなると発言しており、石炭産業を支援する目的があるのではないかとの見方も報じられている。

ページトップへ