海外電力関連 トピックス情報

[米国]原子力エネルギー協会会長、イリノイ州の原子炉3基の早期閉鎖は破壊的な損失と指摘

2016年6月16日

原子力エネルギー協会の会長兼アリゾナ・パブリック・サービス社のDon Brandt社長は2016年6月2日、エクセロン社が発表したクリントン、クアド・シティーズ両原子力発電所(合計3基)の早期閉鎖について懸念を発表した。
その中で同氏は、「これらの発電所の早期閉鎖は米国のエネルギーミックスにとって破壊的な損失である」と指摘した。
また同氏は、クリントンとクアド・シティーズは毎年、2,000万t以上のCO2排出を防止していることを強調したうえで、「国、地域、州レベルで、原子力の価値を認める政策を機能させるよう、我々は行動を起こす必要がある」とし、早急な対策の必要性を訴えた。

ページトップへ