海外電力関連 トピックス情報

[インド]クダンクラム発電所2号機、初臨界

2016年7月28日

インド原子力発電公社は2016年7月10日、インドで22番目の原子力発電所となるクダンクラム発電所2号機(100万kW級)が初臨界に達したと発表した。
今後、規制要求に従い出力を上昇させて電気出力が40万kWに到達した時に、同国南部の送電系統に30~45日以内に併入する予定である。
同発電所の原子炉2基は2002年に建設が始まり、1号機は2013年半ばに初臨界、2014年12月に運開している。
同国では現在、重水炉4基と高速炉1基が建設中で、数年後には国内で20基超が建設に着手する計画となっている。

ページトップへ