海外電力関連 トピックス情報

[米国]原子力規制委員会、ウイリアムリー原子力発電所建設に係る安全評価書を発行

2016年8月22日

米国原子力規制委員会(NRC)は2016年8月3日、サウスカロライナ州チェロキー郡にデュークエナジー社が建設を計画しているウイリアムリー原子力発電所の安全評価書を発行した。
評価書では、建設運転一括許認可(COL)の発給を妨げるような安全上の問題はないと結論付けている。
デュークエナジー社は2007年12月、加圧水型原子炉AP1000を2基建設する本計画のCOLをNRCに申請し、2013年12月には環境影響評価書がNRCにより発行された。
今回の安全評価書の発行でCOL発給に必要な安全審査、環境審査の両方が終了したことになり、今年後半に予定されている公聴会を経て、COL発給の可否が最終的に決定される。
本計画についてデュークエナジー社は、「建設を行うかどうか決めていないが、将来の原子力発電の実現可能な選択肢である」と述べている。
本件の他、現在4件のCOL審査がNRCにより進められている。

ページトップへ