海外電力関連 トピックス情報

[中国]エネルギー消費、2020年まで低迷との予想

2016年9月6日

国家発展改革委員会エネルギー研究所の韓高級研究員は2016年8月19日、上海で開催されたフォーラムの席上、「第十三次5カ年計画」期間における一次エネルギー消費量の年間伸び率は低迷する発表した。
その中で、石炭はマイナス成長、消費電力量の伸び率は3%未満、石油消費量の伸び率は3%前後になると予測されている。
ちなみに、中央政府は「第十三次5カ年計画」期間において、石炭火力の割合を縮小し、クリーン電力の利用を推進することにより、石炭消費量を徐々に減らすという方針を打ち出している。

ページトップへ