海外電力関連 トピックス情報

[米国]連邦上院議員、米国原子力規制委員会(NRC)に建設中の原子力発電所の効率的な審査を求める

2016年9月9日

2016年8月25日付の報道によると、NRCを監視する権限を持つ上院環境公共事業委員会のJim Inhofe委員長(共和、オクラホマ州)は、現在建設が進められている原子力発電所(ボーグル3、4号機、V.C.サマー2、3号機)について、NRCに審査の効率化を求めた。
上記4基の許認可は、建設運転一括許認可(COL)で行われており、運転開始に当たっては、発電所が設計通りに建設されているか、ITAAC(検査、試験、解析、判定基準)と呼ばれるNRCの審査に合格する必要がある。
同委員長はNRCに宛てた書簡の中で、「ITAACの完全でタイムリーな審査について、必要な人員が確保され、適切なステップがとられる必要がある」と述べている。
この背景には、建設が終盤に近付くにつれ、NRCのITAACに係る審査量の増大が予想されていることがある。

ページトップへ