海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ]南北送電線の増強、進捗は1割以下

2016年9月28日

ドイツの専門誌は2016年9月12日、南北ドイツを結ぶ送電線の建設について、2016年第2四半期に完成した新規区間は、わずか19kmと報じた。
今後10年間に7,900kmの送電線を新増設しなければならないが、これまでに完成したのは719kmに過ぎない。
ドイツでは北部地域を中心とした再エネ発電設備の設置に対して送電線の増強が追い付いておらず、需要の中心地である南部と電源地帯の北部を結ぶ南北送電線に混雑が生じており、周辺諸国への迂回潮流の原因にもなっている。

<参考>
[ドイツ]北部の陸上風力導入を制限する再エネ法改正法案を閣議決定(2016年6月24日掲載)
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1254881_4115.html
[ドイツ] 送電線建設で連邦政府とバイエルン州が合意(2015年7月13日掲載)
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1250067_4115.html 

ページトップへ