海外電力関連 トピックス情報

[米国]米国の原子力、2020 年までに850 億ドルの炭素削減価値を提供

2016年10月18日

2016年9月26日付の報道によると、環境コンサルティング会社のHorinko Groupが行った調査によると、米国の原子力発電は毎年5億3,100万tのCO2を削減し、2020年までに850億ドルの炭素削減価値を提供するとしている。
調査報告書では、環境保護局のクリーンパワープランにおいて2030年までに年間4億1,300万tのCO2を削減する計画であることを踏まえ、原子力が果たす役割を強調した。
また、原子力なしでは、連邦政府の野心的なクリーンエネルギー目標を達成するのが非常に困難になることを州政府は認識するであろうとも述べている。

ページトップへ