海外電力関連 トピックス情報

[サウジアラビア] エネルギー相、天然ガス生産倍増と石油利用抑制を示唆

2016年12月8日

2016年11月17日の報道によれば、サウジアラビアのファリハエネルギー大臣は、同国の天然ガス生産量を倍増させ、天然ガスが発電用の石油を代替し、石油消費量を抑制する方針を示した。
モロッコで開催されていた国連気候変動会議で発言したものである。
サウジアラビアには、世界第5位となる291兆立方フィートの天然ガス埋蔵量がある。
ファリハ大臣は、原子力と再生可能エネルギーも重視するとしている。 

ページトップへ