海外電力関連 トピックス情報

[米国] NRC、ウイリアム・リー1、2号新規建設の許認可発給を承認

2017年1月10日

原子力規制委員会(NRC)は2016年12月15日、デューク・エナジー社がサウスカロライナ州のチェロキー郡に計画しているウイリアム・リー1、2号機の建設運転一括許認可(COL)の発給を承認した。
今回のCOL発給は、ボーグル3、4号機、VCサマー2、3号、フェルミ3号、サウステキサス・プロジェクト3、4号、レビー郡1、2号に次ぎ米国で6件目となる。
デューク・エナジー社はNRCの決定を歓迎しつつも、「建設開始の決定は、電力需要、建設費用、CO2排出規制、天然ガス価格等による」と述べ、すぐには建設を開始しないとの考えを示している。
本計画は、2007年にCOLが申請され、環境審査と安全審査を経て今年の10月5日にCOL審査の最終段階となる公聴会が開かれた。

<参考>
[米国]ウイリアムリー1、2号機の新設許認可、2016年末までに発給の見込み(2016年10月19日)
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1255379_4115.html

ページトップへ