海外電力関連 トピックス情報

[米国] NRC、フェルミ原子力発電所2号機の運転ライセンス更新を認可

2017年1月11日

原子力規制委員会(NRC)は2016年12月16日、ミシガン州モンロー郡にあるDTEエナジー社のフェルミ原子力発電所2号機(BWR、117万kW)の運転ライセンス更新を認可した。
これにより同発電所のライセンスは20年延長され、2045年までの運転が可能となった。
同発電所のPaul Fessler副所長は今回の認可に当たり、「モンロー郡や、ミシガン州にとって素晴らしいニュースである。
フェルミ2号機の運転継続は、顧客へクリーンで安全な電力を一貫して供給する。
ライセンス更新は、地域の住人やビジネスの電力需要を満たす、費用対効果の高い手段である」とコメントしている。
今回のフェルミ2号機で、ライセンス更新を済ませた原子炉は87基(うち3基は既に閉鎖)となった。

ページトップへ