海外電力関連 トピックス情報

[世界] 原油価格が2017年は60ドル近くに上昇するとの調査結果

2017年1月18日

2017年1月3日の報道によれば、2017年の原油価格は1バレル当たり60ドルに向かって上昇するものの、60ドルは超えない見通しであるとの調査結果が発表された。
これはロイター通信が複数のアナリストや経済学者を対象に実施したものである。
OPEC諸国や非OPEC諸国の減産により需給バランスは改善されるものの、ドル高や米国におけるシェールオイルの増産可能性、OPECの減産合意が順守されない可能性等を考慮し、60ドルが価格の上限となると予想されている。

ページトップへ