海外電力関連 トピックス情報

[オマーン] 原油価格、2017年末までに60~70ドルの見通し

2017年2月8日

2017年1月23日の報道によれば、オマーン石油・ガス省のSalim Al-Aufi次官が原油価格は2017年末までに1バレル当たり60~70ドルになるとの見通しを示した。
2017年初めより原油需給がバランスすることに期待を示している。
オマーンはOPEC非加盟国であるが、先般のOPEC加盟国とOPEC非加盟国が減産に合意したことを受け、同国も日量4万5,000バレル減産するとしている。

 

ページトップへ