海外電力関連 トピックス情報

[米国] トランプ大統領、パイプライン建設促進の大統領令に署名

2017年2月8日

トランプ大統領は2017年1月24日、前政権が環境保護を理由に承認を却下したキーストーンXLパイプラインとダコタアクセスパイプラインの建設計画推進の大統領令に署名した。
大統領は選挙キャンペーンで米国内のエネルギー生産拡大を主張し、二つの原油パイプライン計画を進める方針を明らかにしており、今回の署名は選挙公約を実行に移したもの。
これらのプロジェクトは温暖化問題や燃料の漏えいなど、環境への懸念からオバマ政権時に否決されており、今回の建設促進は新政権によるエネルギー・環境政策転換の象徴となる。
また、新たに建設される、あるいは改修や延伸が行われるパイプラインに係る工事では、米国内で製造された機材や鋼材を最大限活用するための計画を商務省が立案する大統領令にも署名が行われている。

 

ページトップへ