海外電力関連 トピックス情報

[中国] 原子力協会、2016年の原発運転状況を発表

2017年3月3日

中国核能業協会は2017年2月13日、2016年の原子力発電所の運転状況を発表した。
年間発電電力量は前年比25.07%増の2,105.19億kWhで、総発電電力量の3.56%を占めた。
卸電力量は前年比24.65%増の1,965.68億kWhであった。
第4四半期に防城港原発2号機と福清原発3号機が運開したことから、2016年の1年間で7基が新規運開した。
2016年末時点で、運転中ユニットは35基、設備容量は総発電設備容量の約2%に当たる3,363.2万kWとなった。

ページトップへ