海外電力関連 トピックス情報

[ハンガリー] EU、パクシュII原子力発電所新規建設計画を承認

2017年3月16日

EUは2017年3月6日、ハンガリーが計画しているパクシュII原子力発電所の建設について、同国が設ける予定の競争制限条項を承認したと発表した。
これで、ロシア技術の原子炉2基の建設が2018年に開始され、初号機が2025年、2号機が2026年に完成する可能性が高まった。
ロシアは80%相当を融資することで合意しており、一部の報道では、先月同国を訪問したロシアのプーチン大統領が100%まで引き上げる用意があると伝えたと言われている。
EUは、原子力開発などのエネルギー政策については加盟国の一定の主権を認めているが、自由競争制限に該当しかねない国家による過剰支援は審査対象としてきた。
パクシュIIプロジェクトは既設のパクシュⅠ原子力発電所の事業体とは別の事業体とし、出力の30%は電力自由市場に提供することなどをハンガリーが確約したため、国家支援による競争制限は限定的であるとの判断でEUが承認した。

<参考>
[ロシア] プーチン大統領がブダペストを訪問し、パクシュ原子力発電所増設等について会談(2017年2月22掲載)
http://www.fepc.or.jp/library/kaigai/kaigai_topics/1255851_4115.html

 

ページトップへ