海外電力関連 トピックス情報

[チェコ] チェコ首相、「2025年に新たな原子炉建設を開始」と発言

2017年3月24日

チェコのボフスラフ・ソボトカ首相は2017年3月6日、「チェコ共和国は2025年頃に新しい原子力発電所の建設を開始するかもしれない」と述べた。
他の欧州諸国と異なり、同国は原子力発電に大きく依存し、同政府は2015年、原子力発電を増加させる長期計画を承認した。
同計画では、政府はドコバニ発電所に1基以上の原子炉を建設し、その後さらにテメリン発電所にも建設したいとしている。
プロジェクトの資金調達は今後の決定によるが、米国、ロシア、日本、フランス、中国、韓国の主要な供給者が、40億ドルを超えると見られるドコバニ計画の契約に入札することが予想され、2035年頃の運転開始を目途としている。

 

ページトップへ