海外電力関連 トピックス情報

[ルーマニア] Nuclearelectrica、3年間で総額456億円の投資を決定

2017年5月11日

2017年4月24日付報道によると、国営原子力発電事業者Nuclearelectricaは2017年から2019年の3年間で総額17億レイ(約456億円)の投資を計画している。
投資額は、2017年には4億4,700万レイ(約107億円)、2018年には5億4,330万レイ(約146億円)、2019年は7億140万レイ(約203億円)となる見込み。
これらの投資は、中国の広東核電集団有限公司による出資協力が決定しているチェルナボーダ原子力発電所3・4号機建設のため、その合弁会社へ出資される。
同3・4号機の総建設費は8,000億円以上と推計されており、2010年12月5日に欧州委員会の認可を取得しており、当初の予定では2019年と2020年に運開する計画である。

ページトップへ