海外電力関連 トピックス情報

[米国] 米国でガス火力が総発電設備容量の割合で最大となる

2017年5月12日

2017年4月20日付のエネルギー情報局の発表によると、2016年12月現在、ガス火力が米国における総発電設備容量の42%を占め、最大となった。
発電量を見ても、2016年の総発電電力量の34%を占め、石炭を凌ぎ最大となった。
2005年以降におけるこうしたガス火力発電増加の背景には、天然ガスの石炭に対する価格競争力の高まりがある。 

ページトップへ