海外電力関連 トピックス情報

[世界] 中国とインドの温室効果ガス排出量が減速

2017年6月5日

2017年5月16日付の環境NGO団体Climate Action Tracker (CAT)の発表によると、中国とインドの温室効果ガス削減は予測以上の成果を上げている。
両国はパリ協定で約束した削減目標を近く達成すると見られ、中国においては2013~2016年にかけて石炭使用量は減少傾向にあり、今後もこの傾向は続くと予測される。
また、インド政府の電源計画では、現在建設中の石炭火力以外、今後は新たな石炭火力の建設を予定していない。
ベルリンの気候変動政策問題のNGOは「5年前には中国とインドが石炭消費量を減らすことが可能になるとは考えられなかったが、それは新興国のエネルギー需要は石炭火力でしか賄えないという固定概念があったからであろう」との見解を示している。 

【情報提供:一般社団法人 海外電力調査会】 

ページトップへ