海外電力関連 トピックス情報

[中国] 中国広核集団、「原子力科学普及青年使者」を任命

2017年8月15日

中国広核集団有限公司(以下中広核)は2017年7月28日、清華大学原子力学科の新入学生である関則釧氏を「原子力科学普及青年使者」に任命した。
これは、中広核が原子力発電を科学的に普及宣伝するために設けたもので、「原子力科学普及青年使者」は勉学の傍ら、マスメディア、国民との交流を通じて、原子力発電に関する知識を普及する活動を行う。
現状では原子力発電所の建設についてはNIMBY(Not-In-My-Back-Yard)の意識が強く、立地選定が困難になっているため、「原子力科学普及青年使者」の制度はこの状況を改善しようという狙いがある。
なお、「使者」は中広核集団の保有する運転中の原子力発電所6カ所を自由に見学、調査することができる。

【情報提供:一般社団法人 海外電力調査会

 

ページトップへ