海外電力関連 トピックス情報

[ブラジル] ブラジルと中国が原子力協力を強化

2017年9月21日

2017年9月4日付の報道によると、9月1日に中国核工業集団公司(CNNC)とブラジル電力会社エレトロブラス社およびその子会社エレトロニュークリア社との間で、原子力協力をさらに促進させることを目的とした覚書(MOU)が締結された。
MOU には、アングラ3号機の完成に向けた内容が含まれる。
MOU締結に際し、エレトロブラス社は、「原子力の平和利用のための二国間協力をより深め、アングラ3号機の完成に向けた協力関係を築く中で共通の利益があることを強調する好機となる」と述べた。
なお、エレトロブラス社(エレトロニュークリア社含む)とCNNC間で締結したMOUは今回で3件目となる。
2015年には原子力協力を目的としたエレトロブラス社とCNNC間のMOU、2016年にはアングラ3号機の建設再開における協力を目的としたエレトロニュークリア社とCNNC間のMOUが締結されていた。
なお、ブラジルのテメル大統領は9月3日に開幕した「新興5カ国首脳会議(BRICSサミット)」に合わせて中国・北京を訪問しており、9月1日に中国の習近平国家主席との首脳会議の席上、原子力や水力発電など14分野についての協力協定の締結に合意していた。

 

【情報提供:一般社団法人 海外電力調査会

 

ページトップへ