海外電力関連 トピックス情報

[米国] ジョージア州PSC、ボーグル建設に係る検証スケジュールを承認

2017年10月6日

2017年9月20付の報道によると、ジョージア州公益事業委員会(PSC)は、ボーグル原子力発電所3、4号機の建設を継続するとする、ジョージア・パワー社の提案に係る検証スケジュールを承認した。
今回の承認は、建設継続自体を認めるものではなく、建設の改定コストや完成時期等についての妥当性評価の今後の予定を承認したもの。
本件に関してジョージア州PSCは、今年12月に公聴会を開催し、来年2月末までには建設継続の可否を最終決定する予定である。
少なくとも、PSCの決定が出るまでは建設は継続されると見られている。
なお、同社が示しているボーグル3、4号機の新しい完成時期はそれぞれ、2021年11月および2022年11月となっている。

 

【情報提供:一般社団法人 日本原子力産業協会

 

<参考>[米国] ジョージア・パワー社、ボーグル3、4号機の建設を続行(2017年9月15日掲載)

 

ページトップへ