海外電力関連 トピックス情報

[英国] 政府研究機関、原子力発電のコストダウンについての研究を開始

2017年11月13日

英国政府と民間企業により設立されたエネルギー技術研究所は2017年10月26日、新しい原子力発電所の設計・建設・運転におけるコストダウン策を検討する研究を開始したと発表した。
終了は2018年4月。
研究は、英米のコンサルタント会社によって、洋上風力のコスト削減事例やヒンクリーポイントC原子力発電所建設プロジェクトの事例等を参考として行われる予定である。
本研究は、原子力の「資本コスト」と「資本調達コスト」を明らかにする最初の試みになると、本研究の評価委員は述べている。 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会】 

ページトップへ