海外電力関連 トピックス情報

[米国] NEI、原子力発電所の地方経済への経済効果をPR

2018年3月6日

原子力エネルギー協会(NEI)は2018年2月14日、ネブラスカ州のクーパー原子力発電所が、いかに地元経済に寄与しているかを示す小冊子を発表した。
この小冊子「クーパー原子力発電所の経済的影響(ECONOMIC IMPACTS OF THE COOPER NUCLEAR STATION)」によると、ネブラスカ電力公社(NPPD)が所有・運転するクーパー発電所は、毎年、州経済に対し1億1,200万ドルを生みだしているだけでなく、プラント運転による経済的効果は4,600万ドルで、州総生産では2,600万ドル、可処分所得では3,200万ドルを生みだしている。
同小冊子によると、発電所では680人の従業員が働いており、さらにこの地域で450人の関連雇用を生みだしている。
昨年秋に実施された発電所近隣住民に対する調査では、クーパー発電所に対する支持率が地域社会で上昇していることが判明した。
調査対象者のうち、92%が好意的な見解を示し、94%がNPPDの安全運転能力を確信していた。

 

【情報提供:一般社団法人海外電力調査会

 

ページトップへ