民間レベルでの協力

民間レベルの国際協力には、世界の原子力事業者間の取り組みである「世界原子力発電事業者協会(WANO)」があります。

世界原子力発電事業者協会(WANO)

世界原子力発電事業者協会(WANO:World Association of Nuclear Operators)は、1986(昭和61)年のチェルノブイリ事故発生により、東西の壁を取り払った全世界規模で情報交換を行う組織の必要性が強く認識されたことを背景に、1989(平成元)年5月に発足した世界の原子力事業者からなる国際組織です。

現在、世界の32カ国・地域の原子力事業者が会員になっており、世界のすべての原子力発電所がWANOに加盟しています。

WANOは、会員間での情報交換、コミュニケーション、比較、学び合いを奨励することにより、原子力発電所の安全性と信頼性を最高レベルまで高めることを使命としています。

この使命の達成のために、以下のような活動を行っています。

  • 運転経験情報交換
  • ピアレビュー(訪問評価)の実施
  • ワークショップ・セミナーの開催
  • 技術支援と技術交換(良好事例、事業者交流、運転指標、技術支援ミッション)

関連リンク

関連情報

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ