日本原燃の原子燃料サイクル施設

日本では日本原燃(株)が主体となり、青森県六ヶ所村において原子燃料サイクル施設(ウラン濃縮工場、再処理工場、低レベル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター)の建設・操業を進めています。

現在までに、ウラン濃縮工場(1992[平成4]年3月)、低レベル放射性廃棄物埋設センター(1992[平成4]年12月)、高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(1995[平成7]年4月)がそれぞれ操業を開始しています。

再処理工場については、2018(平成30)年度上期の竣工を目指し作業を進めています。

また、プルサーマルの燃料を製造するMOX燃料工場が2010(平成22)年10月に着工し、現在、2019(平成31)年度上期の竣工に向けて建設を進めています。

日本原燃ホームページ

日本原燃の概要や原子燃料サイクル施設の詳細情報は、日本原燃ホームページをご覧ください。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ