HOME > 原子力発電について > 原子燃料サイクル > プルサーマル > プルサーマルの現状
文字サイズを変更

プルサーマルの現状

資源に乏しい日本が将来にわたりエネルギーを安定的に確保していくためには、国内における原子燃料サイクルの確立が不可欠です。その一環であるプルサーマルの重要性から、国および電気事業者はプルサーマルの実施に向けて取り組んでいます。

わが国のプルサーマル推進計画

わが国では、1955年(昭和30年)代の原子力開発の当初から、高速増殖炉の実用化と軽水炉でのプルサーマルの両方を計画しています。実際に、1980年代後半から1990年代前半には美浜、敦賀の両発電所でMOX燃料の実証試験を行い、安全が確認されています。

1994年の原子力長期計画では、1990年代後半からのMOX燃料の本格導入を計画し、1994年〜1995年6月にかけて原子力安全委員会においてもMOX燃料の安全性を検討しています。

また、1997年、プルサーマルを早急に開始することが必要であるという旨の閣議了承を受け、電気事業者は、プルサーマル計画を公表し、16〜18基の原子炉でのプルサーマル導入を目指しています。

また、建設中の電源開発㈱大間原子力発電所は、プルサーマル計画の一環として、全炉心でのMOX燃料利用による発電を目指しています。

→2016年3月29日、原子力委員会説明資料「電気事業者におけるプルトニウム利用計画等の状況について

関連リンク

  • 原子力の安全性向上に向けた取り組みについて(大)
  • 電気事業連合会公式Twitterアカウントのご案内
  • 電力需給について
  • Enelog動画 エネルギーを繋ぐ力
  • Enelog
  • デジタル広報資料集
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組みバナー
  • エネルギーミックスを考える
  • ひらめき!ピカールくん
  • 地層処分ってなんだろう?
  • エネルギー資源獲得の歴史
  • 海外電力関連情報
  • 電気事業低炭素社会協議会
  • 電気協同研究会
  • NUMO
  • 地層処分セミナー
  • 地層処分ポータル
このページの先頭へ